2005年08月15日

Men's TBCヒゲのニードル脱毛(針脱毛)体験談

先日Men's TBC(メンズTBC)にてヒゲの脱毛体験をしてきました。
今回は500本で12000円というもので、ここに4200円のアロエローションがセットになった体験コースです。

まず予約を入れて当日Men's TBC(メンズTBC)に向かいます。
中に入るとバーカウンターのようになっており、そこで予約したことを伝えると、ものすごい狭いカーテンで仕切られたような個室に入り、個人の体質などを書き込むシートを渡されます。

いろいろと書き込んで、カウンセリングです。
といっても、どこをどうしたいか、何本やるか、などで、しっかり自分でどうしたいかを考えておけばその通りに受け付けてくれました。

まず僕の場合はヒゲが濃いので、500本脱毛してもらおうと思いました。
500本の脱毛ではヒゲ全部は脱毛できませんので、ある程度本数を少なくするような形で、お任せしました。

そしてまたベッドが置いてあるカーテンで仕切られたところに案内され、ベッドに寝ます。
アイマスクをされ、脱毛前の写真を撮られます。
そして白いライトで照らしてヒゲを見やすくして脱毛開始です。

最初のカウンセリングのときに聞いた話によると、毛穴に毛穴よりも小さな針を入れ、毛根の栄養を渡す部分に刺激を与え死滅させ、毛根に栄養を送らなくさせて毛が生えなくなる、こんな仕組みだそうです。

自分で毛抜きで抜くのはなれていたので、痛みはそこまで大したものではないと思っていましたが、ハンパなく痛いです。

針が毛穴に入る瞬間がチクリとしてとても痛いです、耐えられる痛さと言っていましたが、全身汗だくになり、涙も出てきます。
とにかく300本脱毛したのですが、とてつもなく痛かったです。
もあ痛いとしか言いようがありません。

終わったあとは冷たいシートで脱毛した患部を15分ほど冷やします。
これが気持ちいいのですが、脱毛した部分がどれだけツルツルになっているか早くみたくて仕・ありませんでした。

今回は頬と顎を脱毛しました。

終了後、またカウンセリング室で鏡を見ましたが、あれ?といった感じです。
これで300本脱毛できたのか?
脱毛前脱毛後の写真を見比べるとなんとなく少なくなったような感じはしますが、ツルツルといった感じはしませんでした。

というのも、一部分を完全に脱毛するのではなく、全体的にヒゲを薄くしていく感じで脱毛したので、自然な感じでヒゲが残っている、という印象でした。

しかし、頬は特にそうでしたが、脱毛した部分がボコボコに腫れ上がり、手で触るととても腫れているのがわかりました。

自分で毛抜きしたときはこんなことになってことないのですが、やはり針を入れるニードル脱毛の結果なのでしょうか。
あと200本脱毛できると考えると、あの痛みをもう一度味わいたくない、というのが正直な感想です。

脱毛前は、全身脱毛してもらおうとか思っていたのですが、ニードル脱毛は痛すぎて無理です。残りの200本も脱毛したくないというのがさらに正直な感想です。

そして追い討ちをかけるように、今後の脱毛ですが1年会員で15000円で。。。とか説明してきて、入会金があることをそこで初めて知りました。
雑誌などで書いていなかったような…webでも書いていなかったような…。
そして脱毛は1分600円。10分で6000円ですよ!それも初耳でした(笑)

こんな高額だと続けられません。
しかも毛は伸びてこないで数ヶ月潜伏しているものもありますので、数ヶ月間通い、ヒゲを全部脱毛するのに莫大な費用がかかってしまいます。

さらに耐えられないような痛みです。

この時点であと残りの200本脱毛したらもうここに来るのはやめようと思いました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。